交通事故の怪我 多い症状は?


交通事故の怪我で最も多いのは骨折とむち打ちと言われています。
中でもむち打ちは年々その件数が増加しており、その要因の1つに追突事故が非常に増えていると言う実態があります。
近年はドライバーの高齢化が進み、走行中の前方に対する注意力が平均的に低下していると言われています。加えて高齢化により危険を察知した後の行動に至るまでの時間が遅く、追突してしまう可能性が高まっていると言う統計も現れています。

また昔に比べ現代の人の運転は車間距離が非常に近い傾向があります。
そのため先行車がブレーキを踏んだときに反応が間に合わず追突してしまうことも少なくありません。
これは特に若い人に多く、法律でも初心者に対して事故や違反の件数に応じて特別なルールを設けるなどの措置を講じている場合もあります。
むち打ちの症状は事故にあった直後は非常にわかりにくく、時間が経つにつれ痛みが発生してくることが多いものです。
そのためなかなか自己との因果関係が証明しにくくなることもあり、その判断が難しくなっています。
事故の状態によっては相手が責任を認めない場合もあり、骨折に比べてその因果関係を証明し損害賠償を引き出すのは比較的難しい症状でもあります。
そのため実際には、公に報告されている数字よりもさらにその件数が増えていると言う推測もされています。
追突事故は明らかに加害者側の不注意により起きるものなので、これ自体を防ぐ事はなかなか難しいものです。
しかし、むち打ちの症状を防ぐためには後部座席においてもシートベルトを着用することはもちろんのこと、常に安全な姿勢で乗車することが重要です。
むち打ちが発覚か遅い上に、場合によっては長期的な療養を強いられるものでもあります。このような事故に合わないために十分に注意をして運転することが必要です。

交通事故の怪我 多い症状は?
交通事故でむち打ちになった 早く治すには
TOPへ